teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


電気窯での志野

 投稿者:窯の主人  投稿日:2018年10月30日(火)15時40分5秒
  電気窯では志野は焼けないというもっぱらの情報が業者からもネット上でも出ていたのだが、昨年、灯油窯ではもう体力的にもたないと判断して電気窯に代えた。
しかし、志野を諦めるわけにもいかずテストを繰り返したが、2度目にして“志野”が焼けた。
志野は一昼夜とか数十時間とか時間をかけて焼くものと、これも宗教的な感じで言われてきたが27時間で焼いた。これは灯油時代のデータをもとに、電気窯ならという推定焼成線を設けて焼いたものだ。
確かに、登り窯や穴窯での志野は雰囲気が違う。しかし、これは一般の我々陶芸愛好家の出来る範疇を越えるものだ。
今回、これは“志野”ではないのか、と世に問うてみたいものだ。
 
 

第8回大磯うつわの日開幕

 投稿者:窯の主人  投稿日:2018年10月26日(金)20時12分15秒
  2018.10.26(金)第8回大磯うつわの日が開幕。28日までの3日間。  

大磯うつわの日

 投稿者:窯の主人  投稿日:2018年10月16日(火)13時32分36秒
  いよいよ2週間後に迫った「大磯うつわの日」。初めて参加することとした。第8回ということで年々盛んになっている様子。自宅の一室を展示・即売場所として開放。新調した暖簾も出来て準備万端といきたいところだが、一室を開放するとなると疎開先も大変。全体で準備に一週間はかかりそうだ。  

鉄釉の面白さ

 投稿者:窯の主人  投稿日:2018年 4月22日(日)11時52分23秒
  このところ作品作りより釉薬を作ってテストするのが楽しみになっている。そのうち、特に鉄釉は様々な変化が期待され現在それにハマっている。
鉄釉は、単に釉薬に鉄分が含まれていることに限らず、素地土の鉄分、それも種類によって発色が変わるのでなかなか思ったとおりの結果にならず手こずる面もある。
 

電気炉焼成第1回目

 投稿者:窯の主人  投稿日:2018年 1月12日(金)23時09分0秒
  初めての電気窯焼成。結果的には灯油窯でのデータに基づく焼成セクションの設定が自分の予想通りとなり満足。灯油窯に比べて熱量が小さいという予想。トップ温度を低めにとってネラシを長くするという予想。これが当たった。そして、今までの15~6時間の焼成より長い焼成となった。織部、天目、黄瀬戸、信楽とゴチャ混ぜの窯で、何がどのように溶けるかのテスト。
灯油窯のような風合いがないだろうという予想は外れた。ちゃんと焼けば伝統釉でもそれなりになる。次回は黄瀬戸。黄瀬戸は一番難しい。まだ、手探りが続いている。成功を見るのはむしろ志野の方が速いかもしれない。
 

2018年の課題

 投稿者:窯の主人  投稿日:2018年 1月 3日(水)21時12分24秒
  体力と焼成合理化のため2017年末に電気炉に交換。4代目の窯となった。
今年はこの窯で志野を焼くことが最大の課題。何処を探しても電気炉で志野がうまく焼けた事例がない。“うまく焼く”とは自分なりに見て“志野が焼けた”と思えるかだ。到底本格的な穴窯で焼くようなものは焼けないとは思っているのでそこまでは考えていない。灯油窯では展示会入選作もあり、自分なりによく出来たという物でよいと思っている。
今年のうちにそれが出来るかが課題だ。
 

(無題)

 投稿者:毛六爺  投稿日:2017年10月27日(金)14時59分30秒
  昨日の社友会(関西支部会)で話のついでで遊芸人兄のグログ「月下美人」の投稿を披露していたら、対抗心を燃やした堀内氏が添付写真を取り出しました。一応報告しておきます(当人了承)
ブログコメント欄に画像を貼り付け出来ないのでこちらにしました。
本件返事不要です。
 

雑誌「陶遊」

 投稿者:窯の主人  投稿日:2017年 8月23日(水)10時21分28秒
  陶芸の専門誌「陶遊」の2017/秋162号に、陶芸財団主催の「抹茶茶碗コンテスト」に入選した作品が掲載された。この掲示板の2016.10.29の記事に載せた作品のうち、カイラギのでている志野茶碗だ。
怪しげな勧誘で掲載を薦める雑誌と違い、雑誌社の各地の展示会取材に基づく掲載なので“間違い”のないものだった。
 

暑中見舞い

 投稿者:窯の主人  投稿日:2017年 8月14日(月)00時00分40秒
  チビさん久しぶり。
最近は、ブログでほとんど用達しが済んでしまい、コッチはまさに陶芸一筋。それもかなり専門的なこととなりました。
今夏、いろいろ考えることがあり、窯を変えることにしました。ガス還元の出来る電気窯に変えます。体力的に楽になり、今より窯も小さめにして焼成回数を増やすつもり。炎の洗礼を受けない焼き物なんてあるものかとずーっと思ってきたのですが、近年は窯も改良され、電気窯でも還元焼成が出来るようになりました。
そんなわけで、暑いこともありここしばらく作陶を休んでいます。ただ、テスト焼成用の作品を沢山作っておかねばなりません。とにかく、今までの焼成データは役に立たないと思うからです。それにしてももう少し涼しくなってくれないものかと思っています。
 

久しぶりに

 投稿者:チビ  投稿日:2017年 7月17日(月)08時12分18秒
  掲示板が変わっていたので久しぶりに拝見。
odnからケーブルにしたので拝見できなかったのですね。
私同様の方もいるのではないかしら。
こんなに盛りだくさんのHPなのだからもう少し宣伝したらいいのでは
ないですか。
 

レンタル掲示板
/22